急ぎでお金を借りたい

消費者金融から借りる

急ぎでお金を借りたい場合に思いつくのが消費者金融という人は多いと思います。個人の方がお金を借りるとすれば消費者金融というイメージが大きいでしょうからね。

 

今でこそ個人向けのキャッシングやカードローンサービスを提供する金融機関は増えていて、銀行や信販会社でも取扱いがされるようになっていますが、昔は消費者金融がメインに行っていたサービスでしたから。

 

今でこそ安心して信頼できるというイメージが定着するようになった消費者金融ですが、一昔前はサラ金と呼ばれており違法な金利でお金を貸し付けることに加えて、違法な取り立てや催促などが横行しており、消費者金融から逃げるように自分の命を絶つという人も後を絶ちませんでした。

 

ですので、年代にもよるかと思いますが、「消費者金融」と聞くとちょっと怖いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

消費者金融は賃金業法という法律に基づいて貸し金業が行なわれていますが、貸したお金に発生する金利を収入源としているため、銀行や非営利の金融機関に比べて貸すだけ利益になるので、急ぎでお金を借りたい場合も対応してくれるところがほとんどです。

 

ただし、金利がメインの収入になっていることからも分かるように他の金融機関に比べると金利は高めで設定されている場合が多いのも事実です。

 

借りたお金を短期間で返すことができるのであれば支払う金利の負担もそこまで大きくありませんが、借りたお金の返済が不透明な場合は借りた期間に応じて支払う金額も増えることになるので注意する必要があります。

 

また、消費者金融は昔に比べるとプラスのイメージが増えたことで利用することに対して抵抗心を持たない人も増えていますが、イメージアップ戦略を行っているのは大手の消費者金融が中心であるという点に注意が必要です。

 

急ぎでお金を借りなければならない場合はどうしても借りることに意識が持って行かれてしまい、借りることだけを考えて後から返すことまで考えてないという人も多くいますが、借りたお金はきちんと返すというのが原則原理であるという点を忘れてはなりません。

 

インターネットが普及したことによって消費者金融のサービスもIT化が確実に進んでいますが、それによってネットを介してだけでお金を借りることができるようになり、場所によっては申し込みからカード発行までの流れをネットで完結できるようなところもあります。

 

そのため、お金を借りることに昔ほど抵抗感を持つ必要が無くなったというのはメリットの一つでもありますが、かえって不要な借金を作りやすい環境になっているとも言えるので、消費者金融でお金を借りる場合はその点にも留意して返済を意識した借り入れをしましょう。

 

すぐにお金を借りれたからといっても、あくまでも自分のお金ではなく消費者金融から借りているものということを忘れないでくださいね。