急ぎでお金を借りたい

急ぎでお金を借りたい時の心理としては、とにかく一分でも早くお金をどうにか工面したいという気持ちがメインになっていると思います。

 

また、お金がすぐに必要であれば必要であるほど心理的な焦りは大きくなってしまい、それがきっかけとなってお金の借り入れに失敗してしまうこともあります。

 

急ぎでお金を借りたい際に注意したいのが借りる金融機関の「金利」をチェックするということで、どこでお金を借りる場合も共通して言えるのは金利が発生するという点です。

 

金利というのは借り入れているお金に対して一定の利率がかかってくるもので、長期的に借りているほど金利の支払いは増えます。この金利がローン会社側の利益となるわけですね。

 

一般的に銀行の金利が安いと言われていますが、急ぎでお金を借りたい場合はキャッシングの利用がメインとなり、キャッシングについては消費者金融も銀行も信販会社も大きな金利差があるというわけではありません。

 

特に中短期間での完済が可能な場合はそこまで金利を意識することもありません。

 

また、消費者金融では金融機関によっては三カ月から半年近い無金利キャンペーンを行っているところもあるので、このようなキャンペーンサービスが行なわれている金融機関を選んで利用すると金利の支払いは最小限に抑えることが可能になります。

 

無金利キャンペーンを行っているローン会社として、アコム、プロミス、レイクが挙げられます。

 

ちなみにキャッシングの金利だと上限金利の関係から100万円までの借り入れであれば、20%以下の金利が通常で、大抵の場合は15〜18%くらいの金利に設定しているところがほとんどです。

 

金利の計算方法としては100万円の借り入れをしている場合だと金利が15〜18%で、毎月支払わないといけないお金は1万5千円から1万8千円くらいです。

 

返済が一ヶ月で完了するのであれば両者の金利差は3千円に抑えることができますが、これが一年になると金利差は3万6千円になり、完済が長期になればなるほど支払う金利の負担が大きくなることが分かると思います。

 

ちなみに借りる金額が高くなればなるほど金利は低くなりますが、借りている金額に対してかかってくるのが金利になるので、金利が少なくなっても支払う金額が少なくなるということではないという点に注意する必要があります。

 

急ぎでお金を借りたい場合だと金利の計算をする余裕がないという人もいるかもしれませんね。

 

しかし、今はインターネット上で借入のシミュレーションなどを受けることもできるようになっており、これを利用することによって借り入れとその金額に対して支払う金利の金額を知ることが可能になります。