急ぎでお金を借りたい

銀行から借りる

急ぎでお金を借りたい場合はいろいろあると思いますが、人間は焦っている時ほどミスをしやすく騙されやすいという特徴があるので、急いでいる時ほど冷静沈着に行動する必要があります。

 

焦った気持ちを落ち着かせてお金をどこで借りるのがいいのかということを冷静に判断しましょう。

 

即効融資が可能な金融機関と言えば消費者金融をイメージする人も多いと思いますが、消費者金融は融資までの速度は早いものの、金利が上限金利ギリギリで設定されている場合が多いです。

 

お金を借りてから返すまでの時間が長くなる場合は支払う金利の金額も増大し、低金利で借りた場合との差が大きくなります。

 

一分でも急ぎでお金を借りたい場合だと他を探すという選択肢を取るのは難しいかもしれませんが、今日中に借りることができたら良い場合や明日までにお金を用意できたら良いという場合は消費者金融ではなく銀行でお金を借りるという選択肢もあります。

 

銀行が個人向けに融資を行っているというイメージはあまりありませんが、最近は賃金業法の改正や法人向けの融資が不調になっているなどの理由から銀行も積極的に個人向けに小口融資をしているのです。

 

銀行という信頼できる金融機関に加えて金利が低いことから安心してお金を借りることができます。

 

銀行と言っても大手銀行や地方銀行などさまざまなタイプの銀行があるので、どこで借りたらいいのか迷うと思いますが、急ぎでお金を借りたい場合なら新たに借りる銀行を探すのではなく普通預金でお世話になっている銀行があるならそこに申し込みをするというのがベストです

 

すべての銀行ではありませんが、銀行の中には利用しているキャッシュカードに対してカードローン機能を付帯させるサービスなどを提供しているところもあるので新規の申し込みをするよりもはるかに速いスピードでお金を借りることができます。

 

ただし、気をつけないといけないのは銀行だからと言って特別に金利が低いというわけではなく、消費者金融側も銀行の対応策として金利を下げているところが増えており、消費者金融の金利が低いというケースもゼロではありません。

 

また、銀行は普通預金を預かってローンサービスを提供しているわけなので、誰に対してでもお金を貸すことができるというわけではないです。

 

他の金融機関で小口融資の申し込みをする場合の審査に比べると審査は厳しく設定されていることが多く、条件を満たしてないと当然ながらお金を借りることはできません。