急ぎでお金を借りたい

どこでも借りれるわけではない

日々の生活において急にお金が必要になるという場合もよくあることだと思います。

 

その際に家族や友人、知人などに頭を下げてお金を借りるという人も少なくなく、知っている人から借りると金利なども工面してもらえるので支払いにかかる負担というのも少なくなっています。

 

急いでいる人

しかし、お金の貸し借りを知人とあこなうとトラブルが起こりやすいとも言割れていますし現実そうなのです。

 

それは身内のような親しい人との借金でも問題に発展することがあるので、どんな場合でもお金を借りようとする場合は親しい人から借りるのではなくきちんと銀行や消費者金融のような金融機関からお金を借りることが大切なのです。

 

最近は即日でお金を貸してくれるところも増えており、急にお金が必要になったという場合でも申し込みをしてからお金の借り入れができるまでの時間が1時間以内という即効融資サービスを行っているところも少なくありません。

 

ただし、急ぎでお金を借りたい場合はお金を借りることに対して思考が取られているため、気持ちの焦りからすぐに借りることができる金融機関を中心に探してしまう傾向にあり、結果として闇金融を利用してしまうなどの失敗をしてしまうことになります。

 

ですのでどこから借りてもいいというわけではなく、その日のうちに融資をしてくれる上に安心できるローン会社で借りるというのが重要ですね。

 

現金をすぐに貸してくれるローン会社で安心できる所はいくつかありますが、総合的に考えてみて、アコム、プロミス、レイク、みずほ銀行のどれかを選ぶといいでしょう。

 

アコム 最短1時間で借り入れ可能!

 

まずは消費者金融のアコムですね。このアコムは審査スピードが圧倒的に早く、審査は最短30分で本審査が完了し、融資までは最短で1時間となっています。ですので、急ぎの方はまずはアコムの審査に申し込んでみるといいかと思いますね。

 

アコムは銀行口座への振り込みでの即日融資の場合、スマホやパソコンからネット申し込みをして、アコムでの審査が完了後、免許証や健康保険証などの本人確認書類を平日の14時までに提出しておく必要があります。

 

本人確認書類の提出はアップロードやカメラアプリ、FAXでの提出が可能です。

 

ここまでが平日の14時までに完了すればいつも使っている銀行口座に、会員画面にログインして振り込み指示を行うことにより振り込みしてもらえて借り入れできるというわけです。この際に振込み手数料はかかりませんし、ローンカードは後日自宅に送付してくれます。

 

平日の14時を過ぎた場合や、土・日・祝日に急ぎでお金が借りたいという場合でも、アコムならば大丈夫です。

 

どうすればいいかといえば、まずネットでアコムの審査に申込してください。

 

で、審査回答の連絡があったのちにアコムの無人契約機(むじんくん)に行って、本人確認書類(免許証・健康保険証・パスポート等)を提出すれば、カードが発行されてそのカードを使って借り入れすることができるというわけです。

 

審査回答に関しては9時〜21時まで行っていますので、この時間内にネットで申込みするようにしてください。21時が過ぎてしまうと、さすがに次の日になってしまいます。

 

ネットで事前に申し込みしておくと、そこから審査が始まりますので、時間短縮で借りる事ができるポイントになります。

 

≫アコムの申し込みはこちら(クリック)

 

申し込みできる人 満20歳以上で安定した収入のある方。学生もOK。
金利 4.7%〜18.0%
融資額 1万円〜500万円

 

 

プロミス 審査は自動審査で1秒回答!

 

プロミスもスピーディな対応をしてくれる業者で即日融資が可能となっています。まず、審査に関してですが自動審査で最短1秒で審査結果を回答してくれます。

 

その後にいくら借りる事ができるのかという契約可能額が決定され連絡が来ます。このいくら借りる事ができるのか?という正式な契約可能額は最短で30分程度で連絡がくるようになります。

 

ネットで契約した場合には振り込みで融資を受けることができ、後日カードが送られてきます。

 

ネット申し込み後、自動契約機や店頭窓口に来店した場合には、その場で借り入れすることができるようになります。自動契約機に行く前にネット申し込みすることにより、自動契約機では20分程度ですべてが完了しますよ。

 

プロミスの会員となった後のことですが、「瞬フリ」というサービスがあって、会員になっていれば振込先が三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座の場合、24時間最短10秒で振り込みしてもらえます。これは土日や祝日といった銀行が休みの日でも大丈夫なので、とりあえず会員になっておけば急な時も安心ですね。

 

この瞬フリというサービスがプロミスの大きな特徴になっています。

 

≫プロミスの申し込みはこちら(クリック)

 

申し込みできる人 満20歳〜満69歳までの方で安定した収入のある方。
金利 4.5%〜17.8%
融資額 1万円〜500万円

 

 

レイク 2種類の無利息ローン!

 

レイクと聞くと消費者金融のイメージがあるかと思いますが、今はレイクは新生銀行のキャッシングの商品ということになっています。

 

新生銀行のレイクはインターネット契約での即日融資ですと、銀行口座に振込みしてもらえます。この場合新生銀行の銀行口座でなくてもOKです。

 

まず、即日振込してもらうためには平日の14時までに申し込みしたうえで、必要書類の確認を完了しておく必要があります。振り込みですとどこのローン会社もこのあたりは同じですね。

 

平日14時以降になる場合には翌営業日の振り込みとなるので気を付けて下さいね。

 

土日や祝日の場合には、ネット申し込みしたのちに無人契約機に行くことができれば即日借り入れが可能です。

 

無人契約機に行ってタッチパネル画面の「インターネット、お電話などでお申し込みをされているお客さま」というボタンを押して、手続きしていくと、その場でカードが発行されて借り入れすることができます。

 

無人契約機に行く場合は運転免許証といった本人確認書類をもって言ってください。運転免許証がない場合は、健康保険証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書(外国人登録証明書)などを用意しておいてくださいね。

 

あと、2種類の無利息サービスが用意されているので、自分の借り方によってお得な方を選ぶことができますよ。

 

≫レイクの申し込みはこちら(クリック)

 

申し込みできる人 満20歳から満70歳までの方で安定した収入のある方。専業主婦の方もOK。
金利 4.5%〜18.0%
融資額 1万円〜500万円

 

 

みずほ銀行 大手銀行なので安心感抜群!

 

銀行カードローンって審査にも時間がかかって即日融資は無理だと思っている方も多いかもしれませんが、みずほ銀行はみずほ銀行の口座を持っている方に限ってですが、即日融資が可能となっています。

 

この場合、来店する必要もありませんし、郵送物というのも不要となっています。

 

ネットから申し込みすると申し込み内容に基づき審査が行われ、メールにて審査結果の回答してもらえます。

 

その後、本人確認書類・収入証明書をカメラ撮影して、登録用URLに画像を登録するようになります。ただ、みずほダイレクトを利用している方や、手元に通帳を用意できる方で200万円以下の利用限度額ならば、このような書類を提出する必要がなくて簡単です。

 

このあたりが完了したら、持っているキャッシュカードにカードローンの機能を加えてくれて、そのキャッシュカードを使ってキャッシングすることができるというわけですね。

 

申し込み時間が午後になってしまうと、審査結果の回答が翌営業日となってしまう可能性もありますので、なるべく早く申込みしておくようにしておいてください。

 

≫みずほ銀行の申し込みはこちら(クリック)

 

申し込みできる人 満20歳以上66歳未満の方で安定した収入のある方。専業主婦の方もOK。
金利 4.0%〜14.0%
融資額 1万円〜1000万円

 

 

 

急ぎで借りるときに注意すること

 

急ぎでお金を借りるときに注意することがいくつかあります。

 

【複数社同時申込みをしない】

 

急いでいるからと言って、複数のローン会社に一気に申し込みしてしまう人がいます。このように複数のローン会社へ同時申込みすることは、不適格事項としているローン会社もあるのでやめておいた方がいいです。

 

不適格事項としていないところもありますが、いくつものローン会社に一気に申し込みすることにより、審査の面で怪しまれて審査に落ちてしまうという可能性も高くなってきます。

 

同時に申込しているということはローン会社の方で分かることですからね。

 

ですので、審査などで待っている時間がやきもきしてしまうかもしれませんが、1つのローン会社に申込して、その結果を待ってから次のローン会社に申込するようにしましょう。

 

 

【入力内容を正確にする】

 

申し込みに際して、名前やメールアドレス、電話番号など入力する項目がいくつかあると思います。こういう入力する項目は正確に書くようにしましょう。

 

メールアドれや電話番号などが間違っていれば、審査結果などを連絡することが出来なくて、余計な時間がかかってしまいますからね。

 

あと、免許証などの画像を送信する場合には、その画像を鮮明に分かりやすいようにとるようにしましょう。分かりにくいと、もう一度送らないといけなくなったりして二度手間になったりしてしまいます。

 

 

【嘘はつかない】

 

他社で借り入れしているのならば、そのことを書かないといけない欄がありますが、借りていないことにした方が審査に通りやすいのではないかと思って、嘘をつく人もいます。

 

でも、他社で借り入れしている情報というのは信用情報に登録されていますので、ローン会社側は分かっているのです。

 

嘘をついてしまうと、この人は信用できない人だということになってしまい、審査に落ちてしまう可能性がかなり高くなってしまいます。

 

ですので、嘘をつかずに他社で借り入れしているのならば借り入れしている当情報をしっかり正しく書くようにしましょう。

 

 

【怪しい業者を利用しない】

 

急ぎでお金を借りたいという人の中には、とりあえず急いでいるからと言って「誰でも借りれる」「審査なしで借りれる」みたいな謳い文句に載せられて怪しい業者から借りてしまう人もいます。

 

目先のすぐに現金が必要ということばかりに目が行ってしまい、その後のことまで考えられなくなっているということもあるのでしょうね。

 

でも、こういう怪しい業者で借りてしまえば後で大変なことになります。闇金業者ならば金利は違法な金利となっていて、いつまでたっても完済することができません。

 

ですので、いくら急いでいるからと言って甘い言葉に載せられるのではなく、当サイトで紹介しているような安心できる大手のローン会社で借りるようにしましょう。

 

 

リスクも把握しよう

 

お金を借りる場合はそのリスクについてもきちんと把握した上で借りることが大切ですが、急な借り入れの場合はキャッシングという金融サービスを利用することになると思うので、キャッシングの概要をきちんと学んで急にお金が必要になった場合でも安心して借りることができるように事前準備しておきましょう。

 

キャッシングは各金融機関が提供をしているローンサービスの一つで、特徴としては専用のカードを利用して好きなタイミングで好きな金額を借りることができるというものですが、誰でも利用することができるのではなく利用するためには金融機関の審査を受けてそこに通過する必要もあります。

 

また、キャッシングは便利なローンサービスである一方、金利が高く設定されているためきちんと金利のことを把握してお金を借りないと元金がなかなか減らないということもあるので利用については十分に注意する必要があります。

 

最近はネットなどを利用してもキャッシングを利用することができるようになっているので、実際に銀行や消費者金融でお金を借りるのとネットを利用してお金を借りるのとどちらがいいのか確認してから利用を考えましょう。

 

 

担保や保証人の必要性

 

急ぎでお金を借りたい場合に保証人や担保を用意する時間が無いという人も多いと思います。

 

でも、最近は担保や保証人を用意しなくてもお金を借りることができるローンサービスも増えているため、これを利用することによって手続きを行うだけでお金の借り入れが可能です。

 

上記で紹介しているようなローン会社は担保や保証人は必要なくか即日融資を受けられる会社です。

 

ちなみに担保というのは借りたお金を返済することができなくなった場合に持っている財産を担保として用意し、それを借金の肩代わりとするもので車や住宅など高級な財産が担保設定されることが多くなっています。

 

一方の保証人というのは自分が借金を返すことができなくなった場合に、その借金を保証人に支払ってもらうという仕組みのもので、当然ながら債務整理などをすると借金返済の義務は保証人に移ることになります。

 

連帯保証人問題というのが取り沙汰された時期もありました。

 

これは保証人になった人が借金を背負わされて莫大な借金を抱えてしまった結果、夜逃げや自殺などに繋がるケースで、このような不幸を生んでしまわないためにも保証人はできるだけ無いところでお金の借り入れがしたいものです。

 

最近になって急ぎでお金を借りたい場合でも保証人や担保不要でお金の借り入れができるようになっているのはお金を借りる際に保証会社が仲介してくれるためで、借りたお金を返済することができない場合は保証会社が代わりに肩代わりしてくれます。

 

誰が保証会社に対して保険料を支払っているのかという話しになってきますが、これはお金を借りている金融機関ではなく、お金を借りている自分自身であり毎月返済の際に支払う金利の中に保険料が含まれており、これによって信販会社の保障制度が成り立っているというわけです。

 

気をつけないといけない点として保証会社が入っている金融機関でお金を借りようとする場合は急ぎでお金を借りたい場合でも保証会社による審査が行なわれることになります。

 

この場合はお金を借りる金融機関よりも保証会社の審査が厳しくなる傾向にありますね。

 

金融機関は返済されなくても保証会社から補償を受けることができるためですが、金融機関によっては保証会社の仲介が難しい場合に保証人や担保を設定するという従来の方法を設けているところもあり、それぞれの金融機関によって返済されないリスクに対しての対応は異なっています。

 

担保や保証人がないところでお金を借りたいという気持ちは分かりますが、もし設定しないといけないのであれば、その重みを十分に考えてお金を借りる必要があります。

 

まずは当サイトで紹介している担保や保証人の必要のないローン会社の審査に申し込みしてみるといいでしょう。